FC2ブログ

A.I.R.

さいたま市の左隣から超鋼鉄怒涛重低爆撃音(誇大過ぎ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ちょっと熊谷まで

……………ちょっとどころじゃねえよ!!!!!!!(ノリ突ッ込み

帰り電車で2回か3回ヘタすると4回?寝落ちたのに、よゆーで宮原で目覚めて
大宮で乗り換えれるんだもんよ。
鴻巣からの帰りで同じ落ち方してたら赤羽どころか上野まで行き着いてたかもね?
(ま、鴻巣なら寝落ちる間もなく割とすぐ大宮まで来ちゃうんですけれど。)
仙台から福島まで行くくらい遠くはないけど、でもやっぱ遠かったです。

っつー訳で人生初めて「日本一暑い街」に行きましたけど。
曇ってたんで別に暑くありませんでした、以上本文終了。


………じゃなくて、今日のサテのことを書くんでした。
ミス多過ぎてボロ負けせずに引き分けたのが不思議なくらいでした、以上本文終了。

とかじゃ話にならないか。

いや、実際に話になってなかったのか。

しかし控えが3人しかいなくて、しかも大谷君の他フィールドプレイヤ2人はユースで、
先発した近藤とホリが交代した後は代志也がCBとゆう超レアな布陣を見るコトになった。

まさかトップで見るコトはないだろーと思うけど……

なんのかんの言いつつ、ロビーが戻って来てもまだ攻撃陣の手薄さを感じるのが、
やっぱどーしたってエジミウソン・高原に続く「得点力のあるFW」の不在。
ココで1人、格の違いを見せ付けてる場合じゃないぞ、セル。

全体が全体、まだまだ発展途上なんで、もっと完成されていけば
特にFWばかりに限らずとも自然と得点は増えてくのでしょーけど。
ココで安易に、強力な「個」の得点力でなんとかなってもらいたいと思っちゃうのは、
まだまだ僕が堪え性無さ過ぎるからか?


BGM: "A Nightmare To Remember" DREAM THEATER
失点が増えなかったのは奇跡だった
試合に負けなかったのは在り難いことだった

………特に加藤と大谷君と南側ゴールバーには感謝だな。
スポンサーサイト

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2009/06/28(日) 22:23:49|
  2. 浦和レッズ(サテライト)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<キタモトアヤコゲットゴォル | ホーム | ちょっと駒場まで>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adolescentinreds.blog121.fc2.com/tb.php/155-13d8fdd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Ciam

Author:Ciam
仙台生まれ仙台育ち、大学院修了後よーやっと埼玉移住。1993年から脳内はすっかりドス赤いので自然な成り行き。
ちなみに“Ciam”ってのはANTHRAXの名曲“Caught in a Mosh”のイニシャルだけ拾った結果。安直過ぎ。

イラストなどなど描いてますwebサイトはなんだかコチラっぽい
 ↓

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。