FC2ブログ

A.I.R.

さいたま市の左隣から超鋼鉄怒涛重低爆撃音(誇大過ぎ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

俺達は立ち止まれない

今手元にあるモノを素直に叩き付ければいいだろーし、
ソレ以上のモノが引き出されるのはその素直さを研ぎ澄ました時だと思う。

だから一気に一足飛びに「ソレ以上」だけを求めない。
試行錯誤、ちょっとした停滞はあるかもしれないけど、
今のこの当たり前のモノをある限り引き出して研ぎ澄まして叩き付けて、
その先でよーやく「ソレ以上」に迫って行ける、そんな風に思う。

だからさ。

ビビッて前にも後ろにも動けない絶賛長期停滞中のアナタ達になんて、
正直お付き合いしてるヒマなんてねーんだよ。

今まで積み重ねてきたモノはその程度だったのか?
去った人間達が全部持ってった訳じゃあるまいし。
何も持ってない、残ってないなんていつから思い込み始めた?

ただハッキリしたのは一つだけ。
俺達が強いんじゃなくてオマエ等が弱いだけだ。

始める前から分かってたけどな。











でココからよーやく普段どーりに書き殴るけれども。。。

前半はそんなアチラさんに律儀にお付き合いしちゃった風な……。
ソレでも永井が芝に足取られて滑っちゃったトコ以外で全然点取られる気しなかった
っつーか、なんかコレなら後半自然と点取れるよなって気になっちゃうあたりがもぉ。
せっかく45分間もお付き合いしてあげたのに、アナタったらつれないのね!
………ってな気分には今改めてならないコトもない。

思い返すと中盤の底が暢久&闘莉王ってのは微妙に不安げな気分になれます。
ソレが機能するしない以前の問題で中盤制圧できちゃうのもなんだかなーと思います。

やっぱり今の永井は(守備の場面で足滑ったのは別としても)サイドに置いてたくない、
ってので前半途中から梅崎が代わって右サイド入って、たぶん結局最後までそのまま
梅崎が右だったと思うけど……ソレでも中盤制圧できちゃうのも(以下同文


なんにしても前半点取れなかったのは事実。
後半から永井out→萌in、そして闘莉王を前に上げる毎度のスクランブルシフト。
………こぉも常態化してるスクランブルを未だスクランブルと呼べるのか?
ってな微妙な心境は、萌が入って中盤のバランス修正できる安心感を
割と相殺するくらいに募ります。

でもその闘莉王が毎度の如く点取っちゃうのだから……いいのかなあ。

今やすっかり主力として安定感と風格の漂う堤が左サイドを攻め上がって、
相手の圧力が緩いトコからとは言え、とても絶妙なクロス。
高原が競りながら相手DFを引き連れ、そのクロスが抜けた先で闘莉王が脚を伸ばす。

追加点は闘莉王がゴール右脇で粘って相手DFを大勢引き連れ、折り返したトコに
すっかり弩フリーで走り込んだ相馬が決めました。
平川が長期離脱となり、まだアレが復帰できない現状、左サイドは相馬に一任するしか
ないよーな具合ですが……キッチリ結果出してくれるってのは頼もしいですね。

この後、肩を傷めた闘莉王out→内舘inと同時に高原out→セルヒオinなんだけど、
直接点取ってなくても動き自体は良かった高原を残して、明らかにいつもより
精度を欠いてたエジを下げる……っつーか休ませても良かったと思うんだけどー。。。

でもそのエジが……以下同文。

この3点目は萌が果敢に攻め上がって仕掛けたトコからでした。
ドリブルで相手DFを引きつけ、巧く抜け出したエジにパス。
そんな具合にていただきました。3-0。

ロスタイムには狭いエリアで相手を鳥篭状態に囲い込んでパス回しの練習。
危な気なく時間を浪費してそのまま試合終了。


あと2点は積めたかな?ってのが正直な感想です。
でも無失点×無警告なので良しとしよう。

特にまだまだ戦線離脱者の多い現状、3試合連続の無警告ってのは大きいです。
せっかく動けてる選手が試合に出れない……ってのは勿体無いですから。
他のチームじゃ既にして累積警告4枚で出場停止になった選手(誰とは言わないけど
どっかのMQNとかMQNとかMQNとか……って今日も停止明けで早速貰うか!)も
いる中、ウチは多い選手でも2枚……でした。今調べました。
コレは今後も継続して、可能な限り出場停止を少なくしてシーズン進めたいよね。

しかし早速10日の川崎戦は無警告なんてそんな悠長なコト言ってられませんねえ。
激戦必至。
というか必死。
削り合い、潰し合い、そーゆー覚悟で挑むしかない、そーゆー相手。

どーしたって今日みたいな温い勝ち方なんてさせてもらえないからねえ。
ソレをお互い承知の上で、覚悟の上で、ガチで真ッ向勝負ですよ。
人類はフェアプレイ精神なる概念の成立以前から生存競争してたのだからな。

相変わらず覇気のなかった本日の対戦相手さんもソレを思い出してみたら?


BGM: "They Live!!!" VADER
奴等は生きているんだ……俺の血の中で
スポンサーサイト

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/05/06(火) 21:53:13|
  2. 浦和レッズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Back in The Day | ホーム | 無理からぬ無理性>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adolescentinreds.blog121.fc2.com/tb.php/65-d8a775d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Ciam

Author:Ciam
仙台生まれ仙台育ち、大学院修了後よーやっと埼玉移住。1993年から脳内はすっかりドス赤いので自然な成り行き。
ちなみに“Ciam”ってのはANTHRAXの名曲“Caught in a Mosh”のイニシャルだけ拾った結果。安直過ぎ。

イラストなどなど描いてますwebサイトはなんだかコチラっぽい
 ↓

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。