FC2ブログ

A.I.R.

さいたま市の左隣から超鋼鉄怒涛重低爆撃音(誇大過ぎ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

斜め上。

いーかげんそろそろ闘莉王さんを最終ラインに戻して下さい!

………って思ってたら1枚前に上がってましたお話。


さて緑さんには悪いんですが、私の正直な予感ですと
「前節大分戦そのままの超絶グダグダな内容でも負ける気しない」
ってカンジではありました。

そして内容が予定よりかは多少マシになりつつ、
結果割とほとんどそのまま予感どーりになったよーな。
………失点の仕方が不用意なのもそのままなのはホント即改善して下さい(懇願

結果的にはCKで掴んだチャンスばっかしから闘莉王の得点ばっかしで
なんとかなってしまったとゆうそんなお話。
1点目はアベユキのCKから見事に叩き込み同点に追い着き。
2点目は高原がファウル受けて得たPKを、まるでどっかのガチャピンのよーな
微妙な挙動で相手GKのタイミングを外して見事に流し込み逆転して。
(助走の時点で、「ちょ、、、、、ソレなんてガチャ(ry」とか思った……)
後半の3点目はCKを頭で折り返し……たのが相手DFに当たって入った風な。

………あーあ、相手に2点もくれてやってるのに、
点が入ったトコ以外は相変わらず悲惨な内容なのに、

………また勝っちゃった……。


試合通して思ったけど、やっぱ達也のチェイシングありきかー。。。
全体で前に畳み掛ける圧力を生む、最大の原動力だろう。

逆にコチラでボール持ってる時に、その達也以外がパスコース作ってあげる動きが
ほぼ無いのがな……。
そりゃパス出すトコねーわ、っていう。。
流れから得点機作れてないのが、その攻撃の基本パターンの無さをハッキリ示してる。
「普段何練習してるの?」の疑問は解消されてねーぞ。

次節はアベユキ・ホリ・萌が出場停止です。
エジミウソンは戻って来ますが。
この状況下で闘莉王のポジションをどーするか、その点が鍵かな、とも。

しかし堤が試合毎に頼もしくなってくよね!


とにかくコレで17試合、ちょーど半分を折り返しました。
10勝2分5敗

………………

5敗て。

コレだけ大多数負けてて首位にいるって方が逆に何かの罠としか思えません。
5分2敗ならまだ納得しないコトもないけれども。(勝ち点3しか違いませんけど)
シーズン終わった時にこの負け数ならまだしもだけれども。
(2005年の吹田みたいな勝ち点たった60で優勝、なんて恥ずかしーにも程あるし!)

そいえば昨日は京都が「柳沢敦の先制ゴールもあって」鹿嶋に勝っている。
「ヤツが点取って京都が鹿嶋に勝ったら、私は彼を『ヘナギ』って呼ぶの当分止める」
ってのを冗談めかしてオフラインで言ってたのだけど、ホントにそーなっちゃった……。

我々が今このタイミングで首位に立てたのはへな……もとい、柳沢様の御陰様。
微妙に嫌な事実が露見してしまいましたので考えなかったコトにします(逃げ

だから尚のコト、罠的な何かに思えてならないのですけれども。


BGM: "I Ain't Losin' The Fight" Bryan Adams
もー文字どーりだ、あとはもー説明しない!
スポンサーサイト

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/07/17(木) 23:28:14|
  2. 浦和レッズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<What's New??? | ホーム | 問題以前の問題>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adolescentinreds.blog121.fc2.com/tb.php/86-80afecde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Ciam

Author:Ciam
仙台生まれ仙台育ち、大学院修了後よーやっと埼玉移住。1993年から脳内はすっかりドス赤いので自然な成り行き。
ちなみに“Ciam”ってのはANTHRAXの名曲“Caught in a Mosh”のイニシャルだけ拾った結果。安直過ぎ。

イラストなどなど描いてますwebサイトはなんだかコチラっぽい
 ↓

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。